クレジットカードの自動付帯保険

| コメント(0) | トラックバック(0)

マイラーといったら旅行だが、旅行に出かけた場合、やはり何ごともなく無事に帰ってこられるのが一番だ。しかし、絶対ということがないのが困りもの。何があるか分からないからだ。

そこで、旅行にいくときは、保険に入っておくと安心だ。それは国内でも海外でも同じ。日本国内だから、何があっても対処できるだろうと思っていると、思わぬ損をすることがある。

旅行にいくならどこへ行く場合でも、旅行傷害保険に入るのをおすすめしたい。この旅行傷害保険には、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の2種類があって、楽天カードのように始めから旅行傷害保険が自動で付帯されているクレジットカードもある。

futaihoken.jpg

海外旅行に行った先で何ごとも起こらなければそれにこしたことはないが、日本と違ってなかなか話が通じない海外だからこそ、何かの時の備えが必要になってくる。

その備えの1つとして、海外旅行傷害保険への加入がある。この海外旅行傷害保険に加入していると、旅行中に盗難にあった場合、盗難品の紛失補償をしてくれたり、海外で病気になった場合、保険がきかない高額の治療費を補償してくれたりもする。

また、他人を傷つけてしまった場合にも補償を受けることができる。なお、国内旅行傷害保険の場合は、海外旅行傷害保険と違って補償内容は低くなる。国内旅行傷害保険を扱っている会社にもよるが、ほとんどが旅行中に死亡した場合の補償。

何かの事故で入院が必要になった場合は、後遺症が残ったといった事故に対する補償がほとんどになる。ただ、保険会社によっては携帯品の補償を行っている場合もある。

旅行損害保険が自動付帯されているクレジットカードなら、旅行に行くたびにわざわざ保険に入る必要もなくとても便利だ。旅行好きならなおさらだが、クレジットカードを選ぶときは、旅行損害保険が付帯されているかどうかも比較の対象にいれることをおすすめしたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://unitstudio.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、kenichiが2012年8月15日 16:23に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「ID一体型のクレジットカード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。